悪いうわさ ウェルカム

仕事の内容が特殊なせいか、定期的にテレビ業界の人間から

「取材させてください」っていう依頼が舞い込んでくる。

 

一番初めは、「精神障害者移送サービス」を始めて3~4年が経った頃だったな。

俺は当初から「説得」を前面に出して移送をやっていたんだけど、

テレビの奴らは、「そんなことほんとにできるんですか?」って、

ハナっから懐疑的な口調で、俺の事務所に来た。

「どうせ“口からでまかせ”なんだろ? その嘘を俺たちが暴いてやるぜ!」みたいな勢いで、

俺はマスコミってこういう感じなんだ…って、嫌な印象を持った。

 

でも、俺も若かったから、

「じゃあ現場、見せてやるよ!」とむしろ闘志を燃やしてしまって、

取材に協力してくれるっていう家族のときに、カメラを入れてもらった。

そうやって実際に現場を見てもらったら、

マスコミの人たちも「へええ~」って、驚いてたね。

「押川さんには申し訳ないけど、僕なら1億円もらってもこの仕事は無理です」

ってなことを言う、真面目なディレクターもいた。

 

現場は壮絶だからね。

スレスレの奴らに、丸腰で正面切って話をするんだから、

命がいくつあっても足りねえと思ったんだろうね。

それからはわりと、テレビ業界の人たちとは友好的にやってる(つもり)。

 

それにしても、俺がテレビに出ると、

ネット上に、ものすごい俺の悪口があふれるんだな(笑)

前にも書いたけど、youtubeにある俺の映像のとこにも、

誹謗や中傷、批判ばっかしだしな。

 

「ネット上の書き込みなんて、匿名だから気にすることないよ」って、

わざわざ俺をなぐさめてくれる人もいるんだけど。

匿名だからこそ、自分の思ったまんまの意見が言えるっていう側面もあるしな。

だから俺は、どんな誹謗・中傷も、楽しく読んじゃう。

 

俺は、良いうわさより、悪いうわさのほうが好きなんだな。

 

もし良いうわさばっかり広まっちゃったら

ふだんからちゃんとしてなきゃ、ってなるだろ?

それは嫌だし無理だ。

俺の素敵な人間味がなくなっちまうぜ。

 

だいたい良いうわさを拡散しようなんて、どだい無理な話なんだよ。

仮に莫大な金を使って、美しいCMを作って垂れ流したところで、

逆に胡散臭くなるだけだろうしな。

 

その点、悪いうわさはとてもいい。

みんな、映像を観ただけで、バンバン俺のこと書き込んでくれるんだもんな!

その原動力が俺への嫌悪感や怒りだったとしても、躊躇しないところがいいよ(笑)

あちこち拡散してもらって、むしろありがたいくらいだ。

 

誹謗、中傷、批判、摩擦、波紋が起きるということ自体、

すでにその実態から目を背けられないということだ。

俺の役割は、実態をこの目で見て、感じて、社会に伝えることだから、

そこから先は頭の良い方々で議論をしてもらって、

この国(社会)が成熟していくための、踏み台になればいいと思っている。

 

そういや昔、わりとお固めの組織から講演に呼ばれて、

持ち時間いっぱい、下半身の話題を力説したことがある。

俺にとって、心の病気と下の話(性の話)ってのは切り離せないものだから、

あくまでも真面目に話したんだけどね。

主催者はあわ食っちゃって、あたふたしてたよ。

 

「押川は下の話ばかりして、どーしようもない」ってうわさになって、

それ以来、そっちの業界からは、講演のお声がかからなくなった(笑)

 

でも、その時も別に気にしなかった。

俺の講演のファーストプライオリティーは、いかに多くの人に

「もう二度と押川の講演なんかには行きたくねー」

と思ってもらうかってところにあるからな。

 

だって俺自身は、どこのどいつか分からない大多数を前に話をするわけだろ。

それこそ「勝負だ!」ってくらいの心構えで挑まないと、

本当のことは言えないんだよ。

聴衆の大半に「聞き苦しい話だったな」って思われても、

本気で困っている人、問題解決したい人には、俺の言葉が届くだろっていう自信がある。

 

でも、こんな悪いうわさばっかりの俺に、「ぜひ本当のことを話してください」

っていってくれる場所があったら、俺は、喜んで行くからな!

たっぷりサービスするぜ!

 

(関連記事)

死んじゃったのかと思ったよ