コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

ストーカーは病気であり、精神科医療での治療を受けるべきだと

明言している精神科医がいる。

 

福井裕輝著 ストーカー病

 

ストーカー行為も、もはや「病気」として捉えられるようになった。

 

もちろん、「病気なのだから罪に問われない」と言いたいわけではない。

犯した罪に対しては、司法で裁かれるべきである。

 

ただし、病気であるとい ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

昨日に引き続き、少々堅苦しい話になってしまうが、

患者に誤った診断名をつける精神科医は、少なからずいるのである。

 

たとえば、本来であれば服薬の必要もないような患者に、

適当な診察で向精神薬をばんばん出す。

あるいは、明らかに違法薬物をやっている患者に、

「統合失調症」という診断名をつける。

 

そのようなあやまった診断により、向精神薬に依存するようになるなど、

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

今の精神科医療は、自分から進んで治療を受けにきて、
なおかつ大人しい患者ばかりを好んで診たがる。

 

しかし俺はこれまで千人以上の患者に会ってきて、
自分から進んで治療を受けにくるような、
いわゆる病識(自分が病気であるという認識)があるひとは、
ほとんどいなかったぞ。
だからこそ家族も病院に連れて行けなくて、
俺みたいな人間に頼んでくるのだ。

 

中には、家族に頼まれて俺が ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

テリー植田氏に誘われて、「フリーランスの会」に参加した。

 

前回、参加したときのことは、このブログにも書いたが、

クリエイターたちが集まる、非常にいい雰囲気の会なのだ。

ほとんどがフリーランスという立場で仕事をしていながら、

ガツガツしていないし、ギスギスしていないし、ドロドロもしていない。

 

凄い実績をもち、大活躍しているひともいれば、

アルバイトで生計を立てながら、ク ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

俺の仕事、とくに精神保健分野の業務については、

“説得”が最大の山場のように思われがちだが、

実は“事前調査”にこそ、山場があると、俺は思っている。

 

とくに今は、精神科医療の状況ががらりと変わってしまい、

かつてのように、患者を説得して医療につなげればOKとはいかない。

 

たとえば入院先医療機関や施設の一つをとっても、

どんな医療機関(施設)で、どんな担当者(主治医やワ ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

今年4月、改正精神保健福祉法が施行されて以来、

精神科医療機関は、完全に金儲け主義に突っ走っていて、

俺は腹立たしさとともに、悲しみすら感じている。

 

そもそも厚労省は、今回の精神保健福祉法改正により、

「脱病院・脱施設」をかかげ、

患者を、地域や社会で受け入れていこうという方向性を指し示した。

そこには、“家族の負担を減らす”という意図もあった。

 

しかし現 ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

そういえば、以前、この記事でも書いたが、

俺の友人で、アメリカで仕事をしている奴がいる。

 

彼は今、アメリカだけじゃなくメキシコなど他の国にも、

自社の工場を建てて頑張っているのだが、そんな彼が言っていた。

「今の日本人には、感動、感謝、感激がない」

 

たとえば彼が工場を建てているような国では、

仕事があること、働くこと自体に、

「感動、感謝、感激」がある、と ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

俺はこういう仕事をしているので、

患者さんのをはじめ、部屋もたくさん見てきた。

 

家中ゴミだらけ、足の踏み場もないような

“ゴミ屋敷”も、たくさんあった。

 

 

もちろん、統合失調症やうつ病など、

病気が理由でそうなってしまっているひともいる。

そういうひとは、衛生面からみても、

早く医療につないであげなければならない。

&n ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

俺は、患者さんを医療や施設につなげるために “説得”をする。

本人がどんな状態にあろうと、依頼となれば直接会って話をする。

それはたしかに俺の特技であり、武器でもあるのだが、

実は俺に限らず、精神保健分野で仕事をしようと思ったときには、

絶対に避けては通れない部分ではないだろうか。

 

患者の中には、自傷他害行為など、危険な行為を繰り返すひともいる。

「触法精神障害者」という言葉があるように、犯罪 ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

ある女性から久しぶりに電話があった。内容は、

「彼氏が自殺したいと言っている。どうしたらいいか」

という相談だった。

 

この女性は、何年か前まで覚せい剤に溺れていたのだが、

俺が薬物をやめるよう説得し、精神科病院に連れて行った。

 

専門の入院治療を受けたおかげで、薬物とも縁を切ることができ、

処方されている向精神薬の量も、徐々に減ってきていると言う。

&nbs ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

今日は現場に出て、患者さんの説得移送を行った。

 

三年間、お風呂に入っていないという、

統合失調症の患者さんだった。

 

同居している家族や移送スタッフは、

消臭スプレーや芳香剤をまいたり、マスクをしたりしていたが、

俺は患者さんをリスペクトしているので、まったく気にならない。

 

患者さんに近づいて、目をしっかり見て説得をした。

&nbs ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

柏市連続通り魔殺傷事件について、

週刊新潮にコメントを寄せたことは、昨日伝えた。

 

記事では、竹井容疑者が、過去に統合失調症と診断されていたことや、

脱法ハーブを乱用し病院に運ばれていたことなども書かれていた。

 

今後の推移に関しては、竹井容疑者が精神障害者であるということから、

刑法第39条(1項に心神喪失者の行為は、罰しない。2項に心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する、と規定)

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

千葉県柏市通り魔事件の竹井容疑者が書いた文章や動画が、

ネット上に出回っている。

 

どこまで本当のことを書いているのか分からないが、

異常性を感じることは間違いないし、

俺が今までに携わってきたパーソナリティ障害の人間たちと、

思考や行動が驚くほどそっくりである。

 

俺の経験上から言っても、周囲が、

竹井容疑者の異常性、危険性に気付いていないはずがない。

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

No Image

俺が20年前に「精神障害者移送サービス」を始めた頃に比べると、

精神保健分野の専門機関は、格段にレベルアップしている。

 

とくに医療機関の中には、専門分野に特化し、細やかな治療を行う病院が増えた。

たとえばアルコールや薬物依存症の治療を行っている病院もそうだし、

最近は、精神疾患が理由のひきこもりなど、社会参加できないでいる患者さんのために、

専門の治療を行っている病院もある。

そこでは、人との ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

DVとかストーカーとか、男女交際のもつれからくるトラブルが本当に多い。

昨日、千葉県市川市で起きた刺殺事件も、

今日になって復縁を迫っていた元交際相手が逮捕された。

被害にあった女性は、ほかの元交際相手ともトラブルを抱えていたという報道も、なされている。

 

実は俺のところにも、そういう相談はけっこうな数、ある。

加害者側(の親や家族)も、被害者側も、どちらからの相談も同じくらい多い。

  ...

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」ブログ

11月に入ったとたん、街のショーウィンドウはクリスマス一色になった。すでにイルミネーションが灯っているところもある。この季節、俺の携帯には物騒な着信が増える。

「三鷹の女子高校生を殺したのは僕なんで、押川さんに話さないといけないことがあります」

「○○さん(うちの女性スタッフ)を殺しちゃったんですけど、押川さん知ってますか」

「殺人事件を起こしたんですけど、まだ警察が来ないですね」

長期の入院治療を余儀なくされている男性患者からの電話だ。多い ...