本と漫画

TOKYO MX「5時に夢中」、中瀬親方のエンタメ番付のコーナーで、関脇『「子供を殺してください」という親たち』コミックスが紹介されました。

中瀬さんには、自身の思いも交えながらの芯食ったコメントをしていただいた。

コミックス1巻は、Amazonなど通販サイトで欠品中ですが、新潮社によるとすでに補充の手配をしているとのこと。しばらくお待ちください。

 

本と漫画

評論家の加山竜司先生が、コミックス第2巻のレビューを書いてくださった。

ひきこもりの実態を描く『「子供を殺してください」という親たち』2巻

ちなみに加山さんは、1巻についてもレビューを書いてくださっている。

『「子供を殺してください」という親たち』に見る、家族の問題点

 

加山さんの読みは、真っ芯を食っている!!

大変僭越だが、加山さんは漫画読みのプロフェッショナルだ! レビューを読み進めながら、俺は説得の現 ...

本と漫画

 

コミックス第2巻を貫くテーマは「ひきこもり」だ。ひきこもりについて、俺が言いたいことはただ一つ。家族や専門家が「ひきこもり」というカテゴライズに入れたまま放置してきた中に、重い精神障害を患う当事者の問題がある。その人たちを、どうやって医療につなげるのか、ということだ。

 

俺が携わった長期ひきこもりの事例では、入院治療を受けたのち、地域生活に移行できた人もいる。その人たちを見ていると、本人に「社会とつながりたい」という意思があり、身の丈にあ ...

本と漫画

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)

posted with ヨメレバ押川 剛 新潮社 2015-06-26AmazonKindle楽天ブックス7net

『「子供を殺してください」という親たち』が再び増刷となりました。ありがとうございます。

「子供の死を祈る親たち」が現在2万4千部なので、「子供・親たちシリーズ」の累計は10万部を越えた。家族のあり方について、異変を感じる人がじわじわと増えているのかもしれない。

今日も某所で取材を受けたのだが ...

本と漫画

週刊新潮(10月19日号)に『「子供を殺してください」という親たち』コミックス第1巻の広告が掲載されています。1ページ使って広告とは、さすが新潮社、気前がいいですね!

 

さて、9月の「おはよう日本」(NHK)から最近まで、取材やインタビュー、ミーティングなどで、人と会う機会が続いた。オリンピック後の日本を見据えて、動く人は動いている。そろそろ潮目が変わってきたな、ということをつくづく感じた。

 

気がつけば2017年も残 ...

本と漫画

子供の死を祈る親たち (新潮文庫)

posted with ヨメレバ押川 剛 新潮社 2017-03-01AmazonKindle楽天ブックス7net

「子供の死を祈る親たち」が三刷、累計2万4千部となりました。皆様の応援のおかげです。ありがとうございます。著書や漫画をきっかけに、多くの方に現実を知っていただき、建設的な議論に発展することを願っています。

漫画版『「子供を殺してください」という親たち』は、コミックバンチwebにて、電子版が読めます。

どうぞ ...

本と漫画

 

「子供を殺してください」という親たち 1 (BUNCH COMICS)

posted with ヨメレバ押川剛,鈴木マサカズ 新潮社 2017-08-09AmazonKindle楽天ブックス7net

漫画版『「子供を殺してください」という親たち』は、コミックバンチwebにて、電子版(無料)の第6話が掲載されています。

 

第4~6話については、17日に神奈川県小田原市で起きた殺人未遂事件を髣髴とさせる、というご意見もありました。騒 ...

本と漫画

『「子供を殺してください」という親たち』が増刷(12刷)され、累計7万5千部となりました。皆様の応援のおかげです。ありがとうございます。

今後とも精進してまいります。ますますの応援、よろしくお願い申し上げます。

 

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)

posted with ヨメレバ押川 剛 新潮社 2015-06-26AmazonKindle楽天ブックス7net

こちらもよろしくお願いします。

「子供を殺 ...

本と漫画

子供の死を祈る親たち (新潮文庫)

posted with ヨメレバ押川 剛 新潮社 2017-03-01AmazonKindle楽天ブックス7net

「子供の死を祈る親たち」が増刷(二刷り)されました。累計2万1千部。地味ながら頑張ってます!皆様の応援のおかげです。ありがとうございます。

 

漫画版『「子供を殺してください」という親たち』は、コミックバンチwebにて、電子版の第四話が掲載されています。コメントも相変わらず芯食ったものが散見され、 ...

本と漫画

『「子供を殺してください」という親たち』の漫画が掲載されている、

コミックバンチwebだが、電子版はまだ第1話しか掲載されていないのに、

異質なほどの盛り上がりだな!

 

原作者としてくまなく目を通しているが、漫画は飾り気のないコメントが多いな。

Amazonや読書メーターなど本に関するレビューは、敷居が高いのか、練って書かれているのを感じる。

しかし漫画となると、コメントも飾り気がないというか、条件反射とい ...

本と漫画

 

先日お知らせした、書評家東えりか先生による書評が、

掲載されることさえ超最難関な、HONZにも掲載されました。

 

東先生、ありがとうございます!

 

さて、ぶっちゃけた話をしてしまうと、

文庫とは本来、単行本として出版された本がなるものである。

そんな中、文庫書き下ろしで出版するというのは、

実はかなり超絶なチャレンジなのだ。

&nbs ...

本と漫画

No Image

書評家の東えりか先生が、新潮社のPR雑誌「波」に書いてくださった

「子供の死を祈る親たち」の書評が、yahooニュースに取りあげられている。

 

 

東えりか先生はHONZの副代表をされており、

『「子供を殺してください」という親たち』のときも、

小説すばるに書評を書いてくださった。

(そのときのブログはこちら)

 

東えりか先生、本当にありがとうござい ...

本と漫画

 

5日ほど前になるが、「子供の死を祈る親たち」の 著書見本が届いた!

 

前回の『「子供を殺してください」という親たち』は、

「入門編」の意味合いが大きかったが、 「子供の死を祈る親たち」では、

家族にある背景や社会状況にまで目を向け、「総論」的な本が作れたのではないかと思う。

 

都内の書店など早いところでは、今日(2/27)の夕方から書店に並ぶそうなので

お手 ...

本と漫画

 

新潮社月刊コミック@バンチ(4月号)より、いよいよ!

『「子供を殺してください」という親たち』の漫画連載が始まった!

 

 amazonで購入

 

しかし、ここで大きな間違いを発見!

 

 

①整備業 →正しくは警備業やな。

 

 

 

②俺がどう見てもカッコ良す ...

本と漫画

インフルエンザに罹患してしまい、ここ数日、臥せっていた。

移送前後の疲労も溜まっていたらしく、なかなか熱が下がらなかったのだが

ようやく少しだけ、身体を動かせるようになったので

改めて文庫のお知らせをしておく。

 

先日、発売日を2/27とお知らせしたのだが、

担当編集者から指摘があった。

 

正確には3/1発売である。

 

都内や関西の書店 ...

本と漫画

※表紙のデザイン等は、若干変更があるかもしれません

 

「子供の死を祈る親たち」新潮文庫(書き下ろし/724円)

3月1日発売(都内店頭には2月27日に配本 ※地方では翌日か翌々日)

 

前回の本を読んだ読者の方や、担当編集者からのリクエストもあり、

今回は、家族だけでなく対象者(子供たち)の声もすくいあげながら、

なぜ家族が壊れるのか? 壊れないためにどうすればいいのか?

...

本と漫画

No Image

愛媛新聞のコラムにて、「『子供を殺してください』という親たち」

を取り上げていただきました。

 

大人の引きこもり

「働かずに家でごろごろしている」50歳の長男に悩んでいたという。新潟県で先日、73歳の母親による無理心中とみられる事件が起きた▲

長男は中学卒業後に何度か就職したが、長くは続かず、ずっと引きこもり状態だった。わが子をあやめた母親の葛藤はいかばかりだったか。誰かに救いを求めることができなかったのかと悔やまれる ...

本と漫画

『「子供を殺してください」という親たち」が9刷になりました。

累計6万1000部です。

 

 

俺は、この問題は、自分の家族もそうだし、近隣、会社の同僚、友人の家庭など、

外からはみえないだけで、実はとても身近なところにあると思っている。

 

読書メーターのレビューにも、さまざまな意見が書かれているが、

思いのほか多くの方が、この問題に興味をもってくれていると感じる ...

本と漫画

おすすめ文庫王国2016にて、書評家の東えりかさんが、

「ジャンル別 ノンフィクション ベスト10」として

拙著『「子供を殺してください」という親たち』をとりあげてくださっています。

 

ぜひ手に取ってみてください!

 

 

また、ノンフィクション書評サイトHONZにて、内藤順さんが、

「HONZで振り返る2015年 今年のノンフィクションはこれを読め!」の中で

本と漫画

今朝の朝日新聞に、『「子供を殺してください」という親たち』の書評が掲載された。

 

この問題に縁のない方にも、関心をもってもらう。

それがすぐに当事者や家族を救うわけではないが、

まずは知ってもらうことが、第一歩だと思っている。

 

その大事なツボを突いた書評を書いていただけて

ありがたい限りである。

 

それにしても、この欄で紹介してもらえる日が来ると ...