本と漫画

 

新潮社月刊コミック@バンチ(4月号)より、いよいよ!

『「子供を殺してください」という親たち』の漫画連載が始まった!

 

 amazonで購入

 

しかし、ここで大きな間違いを発見!

 

 

①整備業 →正しくは警備業やな。

 

 

 

②俺がどう見てもカッコ良す ...

本と漫画

インフルエンザに罹患してしまい、ここ数日、臥せっていた。

移送前後の疲労も溜まっていたらしく、なかなか熱が下がらなかったのだが

ようやく少しだけ、身体を動かせるようになったので

改めて文庫のお知らせをしておく。

 

先日、発売日を2/27とお知らせしたのだが、

担当編集者から指摘があった。

 

正確には3/1発売である。

 

都内や関西の書店 ...

本と漫画

※表紙のデザイン等は、若干変更があるかもしれません

 

「子供の死を祈る親たち」新潮文庫(書き下ろし/724円)

3月1日発売(都内店頭には2月27日に配本 ※地方では翌日か翌々日)

 

前回の本を読んだ読者の方や、担当編集者からのリクエストもあり、

今回は、家族だけでなく対象者(子供たち)の声もすくいあげながら、

なぜ家族が壊れるのか? 壊れないためにどうすればいいのか?

...

本と漫画

No Image

愛媛新聞のコラムにて、「『子供を殺してください』という親たち」を取り上げていただきました。

大人の引きこもり

「働かずに家でごろごろしている」50歳の長男に悩んでいたという。新潟県で先日、73歳の母親による無理心中とみられる事件が起きた▲

長男は中学卒業後に何度か就職したが、長くは続かず、ずっと引きこもり状態だった。わが子をあやめた母親の葛藤はいかばかりだったか。誰かに救いを求めることができなかったのかと悔やまれる▲

家族だけで問題を抱え込み ...

本と漫画

『「子供を殺してください」という親たち」が9刷になりました。

累計6万1000部です。

 

 

俺は、この問題は、自分の家族もそうだし、近隣、会社の同僚、友人の家庭など、

外からはみえないだけで、実はとても身近なところにあると思っている。

 

読書メーターのレビューにも、さまざまな意見が書かれているが、

思いのほか多くの方が、この問題に興味をもってくれていると感じる ...

本と漫画

おすすめ文庫王国2016にて、書評家の東えりかさんが、

「ジャンル別 ノンフィクション ベスト10」として

拙著『「子供を殺してください」という親たち』をとりあげてくださっています。

 

ぜひ手に取ってみてください!

 

 

また、ノンフィクション書評サイトHONZにて、内藤順さんが、

「HONZで振り返る2015年 今年のノンフィクションはこれを読め!」の中で

本と漫画

今朝の朝日新聞に、『「子供を殺してください」という親たち』の書評が掲載された。

 

この問題に縁のない方にも、関心をもってもらう。

それがすぐに当事者や家族を救うわけではないが、

まずは知ってもらうことが、第一歩だと思っている。

 

その大事なツボを突いた書評を書いていただけて

ありがたい限りである。

 

それにしても、この欄で紹介してもらえる日が来ると ...

本と漫画

おかげさまで、さらに5000部の増刷(7刷)が決まった。

累計52000部!

 

著名な作家先生に比べたら、小さい数字だが

この分野の本では、異例の売れ行きということだ。

 

一人でも多くの方に、現状を知っていただき、

国や地方自治体、関係公的機関において、

活発な議論がなされることを願ってやまない。

 

さて、明日から数日は現場仕事だ!

本と漫画

No Image

『「子供を殺してください」という親たち』の6刷4000部が決定した。

累計47000部、ありがとうございます!

 

アマゾンなどネット書店では売り切れが続いているが

リアル書店にはまだ在庫があるようなので、

お探しの方は、ぜひリアル書店でお買い求めください。

 

今は、出版不況と言われているが、

『「子供を殺してください」という親たち』は、

先の読めない不思議な売 ...

本と漫画

No Image

ノンフィクション書評サイトHONZで吉村博光さんに書いていただいた書評が、

先日から、yahooニュースの「ライフ」や、

東洋経済オンライン「今週のHONZ オススメ書評はこれだ」

などに転載されている。

 

アマゾン・楽天をはじめとする通販サイトでは、売り切れ状態。

本がどんどん成長し、羽ばたいているようだ!

 

俺の仕事は(本の内容も)、マイナーな分野と捉えられがちだが、 ...

本と漫画

No Image

Honz という書評サイトにて、吉村博光さんが

拙著『「子供を殺してください」という親たち』

を取り上げてくださっている。

 

俺がこの本を書くに当たって、危機感をもって伝えたかったことを、

俺のつたない文章以外の部分からも、読み取ってくれている。

 

まさに、本が「届いた」のを感じる。

 

言いっぱなし、書きっぱなしで終わらぬよう

俺はまた ...

本と漫画

今年は、シルバーウィークとやらで、世の中は五連休らしい。

俺自身は、カレンダーの休日とは無縁の仕事をしているので、

別に嬉しくもなんともないのだが、長期の休みに入るたびに、

問題を抱えている家族のことが、頭に浮かぶ。

 

解決策がないまま、日々、子供の暴力や暴言に悩む親にとっては、

仕事などで家を離れている間が、唯一、気が休まる時間だったりする。

 

連休ともなれば、保健所や ...

本と漫画

「『子供を殺してください』という親たち」を出版後、俺は、

これまで親しくしてきた記者に献本し、感想を求めた。

 

しかし、これという反応は、なかった。

 

中には、社会部の厚労省担当や、地方の行政担当の人間もいたのだが、

彼らに著書の感想を聞いても、「正直、よく分からない部分がある」

「今度、教えてください」などと言われてしまったのだ。

 

彼らは俺より ...

本と漫画

月刊文芸誌「小説すばる」9月号の新刊レビューに、書評家の東えりかさんが、

拙著「『子供を殺してください』という親たち」の書評を書いてくださった。

 

思い起こせば15年前、処女作である「子供部屋に入れない親たち」の出版時には、

俺の仕事自体を、大手週刊誌から劇的に糾弾された。

 

しかも原稿の内容を著名な作家に盗作され、それが直木賞候補にもなった。

版元が同じだったこともあり、「子供部屋 ...

本と漫画

No Image

拙著『「子供を殺してください」という親たち』の売れ行きが

今もってなかなか健闘しているそうで、出版元の新潮社が、

早ければ明日から、書店に、このようなPOP(のぼり)を立ててくれるという。

 

 

ありがたい限りだ。

しかし澄ました笑顔の俺、ちょっと気持ち悪いな。

 

テレビを観た方の印象は、こっちのほうが近いだろう。

 

&nbs ...

本と漫画

No Image

amazonに「『子供を殺してください』という親たち」

の書評(レビュー)がいくつか入っており、興味深く読んでいる。

 

その中に、「人材育成の側面をもったビジネス書でもあると感じた」

というレビューがあり、ほほう、そういう読み方もあるのか、と感心した。

以下に引用させてもらう。

 

---------------

 

読了した。この本は専門書であるとと ...

本と漫画

毎日、たくさんのコメントをありがとうございます。

 

今日は、俺自身のこころにしっかり刻むという意味で、

当事者家族からのコメントを、改めてここに記しておきたい。

 

-----------------

 

病院での治療方はありません。激しい気持ちを和らぐのを待つだけ。そして事件を待つしか術がない状態でした。 これだけ危険とわかっていて事前に防ぐ機関がないなんて…絶望感しかあり ...

本と漫画

No Image

拙著「『子供を殺してください』という親たち」

の重版(4刷)が決まり、累計4万部に達した。

 

「悪役」小さい押川が4万人! 誕生いたしました!!!

 

今日は、せっかくなので、本書について

押川流の活用法を提示してみたい。

 

この本では、厚労省の方針や、行政(保健所や精神保健福祉センター)の対応、

医療機関の体制などについて、かなり赤裸々に書いている ...

本と漫画

テレビなどでの紹介では、俺のことを

「説得のプロフェッショナル」と呼んでいただくことが多い。

 

だが、俺は国家資格を持っているわけではないし、

どこかの組織に属しているわけでもないので、

自分が「専門家」であるというふうには思っていない。

 

「プロフェッショナル」という呼称や、「先生」なんて呼ばれることは、

本音を言えば、少々、気恥ずかしい。

 

本と漫画

No Image

アクシデントのあった拙著「『子供を殺してください』という親たち」

の表紙についてだが、新しいものが決まった。

 

 

すでにご購入頂いた方、また、

これからお買い求めいただく予定の方には

混乱を招きかねない事態にあることをお詫びすると同時に、

なにとぞご理解いただきますよう、お願い申し上げます。