ある女性の死

先日、携わっていた人間がまた一人、この世を去った。

まだ、30代前半だった。

 

彼女は、小学生の頃からシンナーをはじめ、

覚せい剤も相当な量を摂取してきた人間だ。

 

出会いのきっかけは、知り合いの警察官が、

「覚せい剤使用の罪で服役し、出所したばかりの女性が、更生したいと言っている。

一度、話を聞いてやってもらえないか」

と言ってきたのだ。

 

うちは基本的に、家族からの依頼しか請けていないのだが、

地元の人間ということもあり、「本気塾」に呼んで話を聞いた。

 

彼女は、暴力団には属していないが、コネクションは多数持ち、

10代から、魑魅魍魎の世界を生き抜いてきた。

女一匹狼という感じである。

 

たしかに悪いことばかりしているのだが、

少し話をしただけで、頭のいい奴だな、ということが分かったし、

根っこの部分は悪い奴じゃないとも思えた。だから、

「塾生にはしてやれないが、見習いということならええよ」

と、出入りを許したのだ。

 

それからたびたび、本気塾に話をしにきたり、

困ったことが起きると、相談の電話をかけてきたりするようになった。

 

「シャブはもうやりたくない」と言い、

自ら精神科病院に通い、治療を受けていた。

精神科医泣かせの患者でもあったが、こころある医師と出会ってからは

通院ではコントロールが効かなくなった際には、進んで入院治療を受けるようにもなった。

更生したいという言葉に、嘘はなかったと思う。

 

しかし、地元のそっちの世界では有名な存在であるがゆえに

悪い仲間に誘われることは、たびたびあったようだ。

過去の生き様が、彼女をなかなか解放してくれなかったのだ。

 

精神的に不安定になり、向精神薬の大量服薬による自殺未遂を繰り返したり、

ヤクザ相手にトラブルを起こし、命からがら逃げ切ったり……

そんな時期がしばらく続いた。

 

覚せい剤をやめてからは、昼間から大量のアルコールを摂取しており、

身体はボロボロだったと思う。

そんなに長くは生きられないだろうということは、

俺も、うちのスタッフも、なんとなく覚悟はしていた。

 

しかし、こんなに早く亡くなってしまうとは、

想像が及ばなかったのである。

 

この1、2年は、俺のほうがすっかり忙しくなってしまい、

「会って話がしたい」と言われても、なかなか機会を作れなかった。

しかし、うちのスタッフとはよく電話で話をしており、俺も逐一、報告を受けていた。

 

昨年には、悪い環境を断ち切るために、遠方に引っ越しまでした。

「施設に預けている子供をひきとって一緒に暮らすつもりだ」と張り切ってもいた。

「ちょっとはまともな親の背中を見せなきゃ」と、かたぎの就職先も探していたようだ。

 

けっこう律儀な奴で、毎年、年賀状をくれていたのだが、

去年までは、ワケのわからん文章が震える字で書いてあったのに、

今年に限っては、きれいな整った文字で「『育自』を頑張ります」とあった。

 

身体の調子は相変わらず悪く、不安に陥ることもあったようだ。

それでもスタッフとの最後の電話では、

「押川先生に会えるまでは、死ねませんからね」と笑っていたという。

 

残念な気持ちでいっぱいだ。

 

死因は、覚せい剤の大量摂取だと聞いた。

まさか……という思いと、やっぱり……という思いが、錯綜する。

 

これまで百戦錬磨とばかりに、命の危険をもかいくぐってきた彼女が、

こんなにあっけなく、命を落としてしまうものだろうか。

それも再び覚せい剤に手を出して!?

こんな言い方は不謹慎かもしれないが、

彼女は年季の入ったシャブ中であり、その分、知識も半端なかった。

致死量がどれくらいかということくらい、よく分かっていたはずだ。

 

他にもいろいろ腑に落ちないことはあるのだが、

一方で、こうしてあっさり死に至ることが、

薬物依存の恐ろしさだ、とも思う。

 

俺たちは本人とのつながりしかなく、

その本人が亡くなってしまった以上、真相など知りようもない。

 

今年の年賀状には、般若心経の一節だといって、こんなことも書いてあった。

「正しく生きるのは難しい。でも明るく生きることは誰にだってできる」

 

悪いことばかりやって、面倒くさいところもあったけど、いい奴だった。

 

2015年03月07日 | Posted in 気持ち!「人間臭い」生き様 | | 4 Comments » 

関連記事