ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

少し前になるが、こんなニュースがあった。

(以下引用:読売新聞 12月14日(土))

たびたび金を無心の孫、困り果て祖父が通報

祖父(77)宅の敷地に無断で立ち入ったとして、島根県警津和野署は14日、孫で住居不定、無職の男(22)を住居侵入容疑で現行犯逮捕した。

孫はこれまで何度も祖父母に金を無心し、困り果てた祖父が同署に届けた。

発表では、孫は14日午後1時35分頃、同県吉賀町の祖父宅の敷地に無断で侵入した疑い。駆けつけた署員が ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 家族の問題

No Image

世の中には、「やってもいい我慢」と、「やってはいけない我慢」というのがあるらしい。 

やってもいい我慢というのは、

人への協力や、人助けのために、自己犠牲をはらうときの我慢。

ようは、誰かに飯を食わせるために自分は冷や飯を食う、そういう我慢だ。

 

やってはいけない我慢というのは、

周囲の顔色をうかがって、右習えで歩調を合わせるとか、

上司にゴマばかりすって、おかしいことにも異議を唱えない、そうい ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

俺はこの間、すごくすてきな人に会った。

 

Aさん(仮名)と会ったのは、とある信頼のおける人からの紹介で、

ビジネスの話をするためだった。

Aさんは俺に会うなり、その信頼のおける人の名前を出し、

「あいつから、押川ちゃんに会ってくれって泣きの電話が入ったからさ。

あいつの涙、止めてやらなきゃならんだろ」

と言って、握手を求めてきた。

 

Aさんは、その業界では「伝 ...

つぶやき, その他

No Image

 

開高健がこよなく愛した、新宿『石の家』のタンメン、650円。

体を張って仕事をしたあとには、これが最高のご褒美だ。

僭越ながら…開高健と労いあっているような気がするんだよ。

 

 

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

45年も生きていると、人生にはいいことも悪いことも、

まるで波のように、周期的に訪れるものだと、感じさせられる。

 

ここのところ、これは大きな挑戦だな、と思うような出来事が続いているが

振り返ってみると、10年、20年前にもあった出来事が、

形を変えて、再び訪れているのである。

 

「この事態をどう乗り切るか」

「この選択、どちらをとるか」

気がつけば俺は、かつ ...

つぶやき

No Image

師走というだけあって、日毎に慌ただしくなってきた。 

 

 

 

あっちへ行き、こっちへ行き、

一息つけるのは、移動中の新幹線や飛行機の中だけだったりする…。

 

2013年も終わりの今になって、

「このまま終わらせるか」とでも言いたげな、神の采配のごとく、

欲にまみれた人間のズルさ、セコさ、汚さを、

まざまざと見せつけられている。 ...

つぶやき

No Image

 

俺はこいつに、栄養剤を一切やらない。

水もめったに与えない。

そのかわり、与える時には、たっぷりなみなみとやる。

太陽が当たるように、毎日、室内を移動させてもいる。

 

言葉にはしないけど、優しい気持ちをもって接している。

 

ようするに、人間と同じようにこいつを見ているのだ。

 

 

押川の「人間臭い」生き様

 

ビジネスの世界にはシマ争いなんてのがあるけど、

金で決着がつくような縄張りなど、俺は欲しくない。

 

ひとさまのこころの中に、俺のシマをおいてもらいたい。

俺はそのために頑張っている。

 

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

「押川さんはいつもポジティブですね」「前向きですね」

と、よく言われる。

 

たしかに俺には、「落ち込む」ということが、ほとんどない。

「あ~」とため息が出るのは、懐がさみしいときくらいである。

それだってこの年になると、なんの根拠もなく

「まあ、なんとかなるだろう!」と思えるものである。

 

どうして落ち込まないのかと考えてみると、

そもそも俺は、他人さまから「 ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

つい先日、俺はとあるDVDが観たくなって本棚を探し、

そういや、知り合いの若い奴に貸してたっけ、と思い出した。

貸してからずいぶん日が経っていたこともあって、すっかり忘れていたのだ。

 

俺はすぐに、そいつに連絡した。

 

そしたらそいつは開口一番、「返そうと思っていたんですけど…仕事が忙しくって…」

とかなんとか言い訳をはじめた。

俺はなんだか、「返してくれ」って言った自分 ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

俺の事務所の近くに、小さな公園があるんだけど、

通りかかるといつも、誰かしらがハトにエサをやっている。

上野公園なんかが有名だけど、ハトにエサをやる奴って、日本中にいるよな。

俺は別に、ハトは好きでも嫌いでもないし、エサをやることに対して文句があるわけでもない。

 

だけど、ハトの動きを見ていると、なかなかおもしれーな、と思う。

あいつらは、誰かがエサをばらまいている限り、そこに群がって食い続けている。

超おすすめ 気持ち!「人間臭い」コラム

 

これまでの命がけの生き様から得た経験則と、知恵、テクニック。

そして感性。

その集合体を、言葉をもって体現して伝え、人間関係を育み信頼関係を築く。

俺はそれを「説得」と言っているのだ。

 

My rules of thumb, wisdom and technique gained by putting my life in danger from my entire life.

コントラバーシャルな押川が斬る!, 気持ち!「人間臭い」コラム

No Image

俺が20年前に「精神障害者移送サービス」を始めた頃に比べると、

精神保健分野の専門機関は、格段にレベルアップしている。

 

とくに医療機関の中には、専門分野に特化し、細やかな治療を行う病院が増えた。

たとえばアルコールや薬物依存症の治療を行っている病院もそうだし、

最近は、精神疾患が理由のひきこもりなど、社会参加できないでいる患者さんのために、

専門の治療を行っている病院もある。

そこでは、人との ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

俺が何のスペシャリストか? ということについては、昨日の記事で書いた。

 

だけど、俺みたいな一民間人が、スペシャリストを名乗ることに

違和感を抱く人もいるかもしれない。

 

俺は、どこの専門機関にも属していないし、

国家資格も持っていないからね。

 

でも俺は、命の危険にさらされる「グレーゾーン」の現場ほど、

どこに所属しているかというバックボーンや、 ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

No Image

俺が、他人さまより多少は優れていると自信をもっていえる能力は、

ヤバい現場にいって、説得によって問題を解決できる、ということだ。

 

ヤバい仕事ほど燃える人間は、一定数いる。

安定を求める訳でもなく、損得抜きでヤバそうな案件に進んで首を突っ込む。

俺はまさにそのタイプである。

 

ちなみに俺が言うヤバい現場とは、

「殺される」「死ぬ」など、命の危険にさらされている現場のことだ ...

つぶやき

No Image

 

 

「人は見た目が9割」。冗談だろ。

 

俺は、「見た目が1割」。そこで勝負や。

 

 

気持ち!「人間臭い」コラム, 押川の「人間臭い」生き様

仕事の内容が特殊なせいか、定期的にテレビ業界の人間から「取材させてください」っていう依頼が舞い込んでくる。

一番初めは、「精神障害者移送サービス」を始めて3~4年が経った頃だったな。俺は当初から「説得」を前面に出して移送をやっていたんだけど、テレビの奴らは、「そんなことほんとにできるんですか?」って、ハナっから懐疑的な口調で、俺の事務所に来た。「どうせ“口からでまかせ”なんだろ? その嘘を俺たちが暴いてやるぜ!」みたいな勢いで、俺はマスコミってこういう感じなんだ…って、嫌な印象 ...

気持ち!「人間臭い」コラム, 家族の問題

No Image

『鬼畜』。

1978年公開の映画である。

俺はこの映画を、通算で10回以上は観ている。

 

 

印刷屋を営む男が、愛人に産ませた三人の子供たちを引き取るハメになる。

男は四苦八苦しながらもなんとか育てようとするが、気の強い本妻は、子供たちが気に入らない。

男は妻に責められて、子供たちを一人ずつ「処分」していく…

 

ざっくりとあらすじを言うと、そんな感じ ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

11月27日、千葉県市川市のJR本八幡駅近くの路上で

湯浅栞さんが刺殺された事件について、

新聞、テレビ各局が続報を流している。

 

逮捕されたのは、元交際相手の岡逸人容疑者であるが、

俺は、この事件が起こる前の詳細な経緯を知れば知るほど、

「湯浅栞さんが、殺されずにすむ方法はあった」

「岡逸人容疑者が、殺人犯にならずにすむ方法はあった」

と、腹立たしい思いにかられている。

つぶやき

No Image

 

 

誰もが踏み込めない、モンスター級の壮絶な現場に丸腰で入っていくこと。

俺の全能力をかけて、当事者と対峙すること。

当事者と家族(周囲の人)が、穏やかに日常を送れるようにすること。

 

彼らを地獄から助け出す。

それが、俺のやりたい、たった一つのことだ。

 

成し遂げた先には、感動が待っているだろう。