超おすすめ 気持ち!「人間臭い」コラム

 

俺のところにもたらされる家族の相談において、ここ最近、顕著な傾向がある。それは、自宅にひきこもる子供から、親が奴隷のような扱いを受けているケースの増加だ。

 

毎日、本人の指定する物を買い物に行かされ、品名やグラム数を一つ間違えただけでも、激しく罵倒される。台所や風呂など共有スペースの使い方に細かく注文をつけられ、気兼ねして、自由に使うことができない。「○時~○時までは自宅にいるな」と命じられるため、その時間帯は毎日、近隣の施設( ...

押川の「人間臭い」生き様

アメリカメディアの取材について、追記しておく。

 

昨年末から今年の正月にかけて、俺と何度も大喧嘩になり、決別した

アメリカメディアのプロデューサー(Ms.マンダナという)だが、

「やはり日本のHIKIKOMORIについて、真実を話してくれるのは、

Mr.押川しかいないので、なんとか話しを聞かせてほしい」

と言って、再度、取材の申し込みをしてきた。

 

「すべてではないが、日 ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

52歳息子が81歳母“殺害” 花瓶で殴り首しめる

 

(以下引用:テレビ朝日系 1月5日)

東京・東久留米市で、52歳の息子が81歳の母親の頭を花瓶で殴り、首を絞めて殺害しようとしたとして逮捕されました。母親はその後、死亡しました。  5日午前4時半すぎ、「東京に住む弟から『母親を殺した』と電話があった」などと110番通報がありました。

 

警察官が東久留米市の住宅に駆け付けると、81歳の女性が頭から

押川の「人間臭い」生き様

No Image

海外からの取材依頼の件で、

とんだバトルから幕開けした本年だが

いろいろと勉強になることが多い。

 

俺は語学ができないし、海外のカルチャーにも詳しくない。

外国の方と会話をするときには、通訳が必要である。

 

だから、話し合いが決裂したときには、

「言葉も文化も違うからね」

というひと言で、済ませてしまうこともできる。

 

だけ ...

押川の「人間臭い」生き様

元旦早々から、海外メディアの取材班とミーティングを行った。

 

今回、彼らは、TBS水トク!で放映された『THE 説得』を観て、

こういう映像が撮りたい! と、俺のところに来た。

 

しかし、俺の仕事の根幹に関わることだ。

 

「これとこれを撮りたい」と言われて、

即座に「はい、どうぞ」とは、口が裂けても言うはずがない。

 

今回の ...

その他

 

ブログも頑張っていきます!

よろしくお願い申し上げます!!

 

 

押川の「人間臭い」生き様

No Image

世に出でし 男の一念 何事も

末になさぐか 大和魂

 

元旦くらいゆっくりしようと思っていたら

先日、ブログで書いたアメリカの取材班から、

「どうしてもインタビューをしたい!」と、

何日にもわたり、懇願された。

 

というわけで、元旦から仕事だ!

 

俺の正月は、俺が死んだ時だ!

 

皆様、本年も応援、誠にあ ...

押川の「人間臭い」生き様

No Image

今年は、一つの大きな別れがあった。

 

何度かこのブログでも触れたことがあるが、

俺の恩師である弁護士の西幹忠宏先生が、亡くなられたのだ。

 

西幹先生と出会ったとき、俺は警備会社を興したばかりで、

まだ若く、最高潮にいきがって生きていた。

 

先生は、経歴はもちろん、生まれ育った環境も、

俺とは、比べることがおこがましいほど、それこそ天と地ほども違う。 ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

6歳の長男の首を絞める 殺人未遂の現行犯で父逮捕

(産経新聞 12月28日)

 

「父親の胸を刺した」と通報、殺人未遂の疑いで男を逮捕

(TBS系(JNN) 12月30日)

 

酒に酔って暴れた義父、わき腹蹴られ死亡

(TBS系(JNN) 12月31日)

 

「親殺し、子殺し」の事件を、やたらと目にした一年だった。

この数の多さは、一般の方々 ...

押川の「人間臭い」生き様

 

どん兵衛を3分ではなく「10分」待つのが、今の流行りらしい。

と、いうわけで、お湯を入れて10分、待つ。

 

 

すごく伸びた。

「うまい!」

 

 

完食は3分以内。

「うまかった!」

 

日清さんは俺のご近所だ。

 

俺の事務所の近くに、日清の東京 ...

押川の「人間臭い」生き様

No Image

「自分のことは、自分でしろ。

一人でも、いろんなことを、やれるようにしておけ」

 

ガキの頃、お袋から、さんざん言われてきたことだ。

 

「孤独やさみしさを埋めるためだけに、

『族』で集まったときには、失敗するぞ」

 

深夜にバイクの音を響かせる、「暴走族」を例にとって、

そんなふうにも言っていた。

 

最近は、「家族」 ...

押川の「人間臭い」生き様

 

「ひきこもり」というのは、日本特有の問題かと思っていたら、

実は今、アメリカや欧州などでも、社会参加できない若者が増加しており、

名称もそのまま「HIKIKOMORI」として、

調査や研究の対象になっているのだそうだ。

 

その「ひきこもり」の先駆けが日本であるからこそ、

わざわざ来日して取材をしている、海外メディアも少なくない。

 

で、俺のところ ...

その他

 

この間、うちのおばちゃんスタッフたちが、

フィギュアスケートの羽生君をテレビで観ながら

「本当にすごい」「天才だ!」「王子様ですね」

とキャーキャー騒いでいたので、

 

「私も、説得界の天才と呼ばれています」

「説得をスケートに例えれば、5回転ジャンプくらい跳んでいると思います」

 

と言ってみたのだが、みごとに無視された。

  ...

押川の「人間臭い」生き様

去る12月6日、某中学校で講演を行ってきた!

 

 

薬物乱用防止がテーマだったので、「クスリは怖いよ~」という内容で、

一時間を済ませることもできたが、それでは俺らしくないので、

野生のおサルさんにまつわる話をした。

 

それにしても、最近の中学生は大人しいんだな。

俺が五郎丸ポーズを繰り出しても、あんまり笑わなかった。

貴重な瞬間だったのにな(笑)

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

先日、俺は、「ひきこもり」という名称というブログ記事で、

「ひきこもり」ではなく、もはや「たてこもり」だ、

という内容のことを書いたのだが、まさにその通りの事件が起きた。

 

--------------------

(以下引用:毎日新聞 2015年12月14日)

 

<自宅立てこもり>刃物持った男を逮捕 3人けが 神奈川

 

13日午後8時40分ごろ、 ...

本と漫画

おすすめ文庫王国2016にて、書評家の東えりかさんが、

「ジャンル別 ノンフィクション ベスト10」として

拙著『「子供を殺してください」という親たち』をとりあげてくださっています。

 

ぜひ手に取ってみてください!

 

 

また、ノンフィクション書評サイトHONZにて、内藤順さんが、

「HONZで振り返る2015年 今年のノンフィクションはこれを読め!」の中で

おしらせ

No Image

毎日新聞「経済プレミア」のインタビュー二回目が掲載されています。

 

重度の薬物依存で弟・妹家族も攻撃し続けた男性

崩壊家族をどう救うか(2)

 

 

よろしくお願いします!

 

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

 

生後6か月の長男を殺害しようとしたとして、22歳の母親が逮捕された事件があった。幾つかニュースを見たが、母親は子育てに悩み、市の臨床心理士と面談、医療機関を受診するよう勧められていた。また、母親は、臨床心理士に対して、「子供に手を出してしまいそうだ」とまで言及していたそうだ。

 

母親自身が、二度も行政に相談をし、精神疾患(育児ノイローゼ)の疑いがあると判断され、医療機関の受診を勧められるところまでいきながら、なぜ、幼い子供を殺め ...

おしらせ

No Image

毎日新聞「経済プレミア」にて、

著書に関するインタビューが掲載されました。

 

親に支配された子供が身につけた「攻撃性」の闇

崩壊家族をどう救うか(1)

 

 

会員登録(無料)をしないと、全文が読めないかもしれません。

お時間のある方は、よろしくお願いします!

 

本と漫画

今朝の朝日新聞に、『「子供を殺してください」という親たち』の書評が掲載された。

 

この問題に縁のない方にも、関心をもってもらう。

それがすぐに当事者や家族を救うわけではないが、

まずは知ってもらうことが、第一歩だと思っている。

 

その大事なツボを突いた書評を書いていただけて

ありがたい限りである。

 

それにしても、この欄で紹介してもらえる日が来ると ...