押川の「人間臭い」生き様

No Image

 

この間、大学時代の後輩と、久しぶりに会った。

 

そいつは俺と同じアホちゃんだが、性格は素朴で真面目な奴で、

俺とは違って大学をきちんと卒業し、一部上場の優良企業に就職もした。

そして、もう何年も前になるが、会社を辞めて大学院に入り直して、

MBAの資格をとったのである。

 

そいつが大学院に通っている間は、俺も

「おー、頑張ってるな!」と、感心しな ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

ヤフーニュースを見ていたら、ASKAの記事が目に止まった。

この記事は、現行の精神保健に関する法律や精神科病院の実態、

人権(本人の意思を尊重すること)の意味合い、家族の苦悩、

さらには、薬物の恐ろしさや後遺症の現実を如実に語っている。

まさに「教科書」だと思ったので、取り上げる。

 

(以下引用:スポニチアネックス 7月20日)

ASKA 半年ぶり沈黙破りブログ開設 妻と大げんか、家出か?

その他

 

久しぶりにブログを書いたら、

コメント欄に虫さん以下の輩が飛び込んできたな。

 

俺に対する誹謗中傷なら、どうぞご勝手に、ってなもんだが、

普段から真面目に考えて意見をくれている読者の方々を愚弄する行為は、許さねーぞ。

 

どれがなりすましコメントかは、IPアドレスを見れば丸わかりの、ふりチン状態だ(笑)。

今後はそういった不愉快なコメントはバキバキ削除していく ...

押川の「人間臭い」生き様

No Image

 

立て続けの現場仕事と、新しい本の執筆がどちらも佳境に入り、

頭の中がとっちらかっている状態だ。

 

肉体労働と知的労働を同時並行でやっているようなもので

俺の足りない脳みそが火を噴くのも当然だな!

 

すっかりブログが滞ってしまい、

「元気ですか」「生きてますか」とメッセージをくれた方々には、

ご心配かけてすみません!

 

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

ここのところ、次に出す本の原稿に集中していたので、

ブログがすっかりおろそかになってしまった。

 

コメント返信もできておりませんが、ご容赦ください。

 

--------------------

(以下引用: TBS系(JNN)2016年 5月26日)

 

福岡県水巻町で25日、酒に酔って暴れていた男が、駆けつけた警察官の手の指をかみちぎったとして逮捕されました。 ...

おしらせ

No Image

5月23日(月)の朝鮮日報第二面に、

俺の仕事に関するルポ記事が掲載されたのだが、

その記事の日本語版が、今日から読めるようになった。

 

記事はこちら↓

 

※yahoo転載版はこちら

※ハングル版の記事はこちら

 

現状を簡潔に、しかし的確に伝えていると思う。

残念なことだが、日本の巨大メディアでは、

この現実を伝えることがな ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

東京で、芸能活動をしていた女子大生がファンの男に刺され、

意識不明の重体となる事件が起きた。

残虐な事件に胸が痛む。

女性の一日も早い回復を、心から祈りたい。

 

この事件に関して、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹先生が

「もっともっと早く本気で警察も動いて欲しいです!

いつも繰り返してある気がします…」

「ストーカー規制の強化 実体化 急いで欲しいです!」と、

ストーカー ...

家族の問題

No Image

移送の仕事が無事に終わった。

 

蓋を開けてみれば今回も、対象者は社会との関わりを断絶し、

強迫観念や被害妄想に苦しみながらも、

アルコールやネット通販(買い物)に依存する生活を送っていた。

 

そしてその何十年という間、親を憎み続けてきたケースであった。

 

「親を殺す」

 

彼らはそう、口にする。

 

本と漫画

No Image

愛媛新聞のコラムにて、「『子供を殺してください』という親たち」を取り上げていただきました。

大人の引きこもり

「働かずに家でごろごろしている」50歳の長男に悩んでいたという。新潟県で先日、73歳の母親による無理心中とみられる事件が起きた▲

長男は中学卒業後に何度か就職したが、長くは続かず、ずっと引きこもり状態だった。わが子をあやめた母親の葛藤はいかばかりだったか。誰かに救いを求めることができなかったのかと悔やまれる▲

家族だけで問題を抱え込み ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

 

(以下引用:産経新聞 5月1日)

 生卵、皿、ミカンが空から次々降ってくる…マンション街・武蔵小杉悩ます悪質いたずら 一体誰?

 生卵にペットボトル、皿、果てはミカンまで…。都心へのアクセスの良さで人気上昇中の武蔵小杉駅周辺(川崎市中原区)で、タワーマンションからさまざまな物が落下し、通行人や近隣住民を恐怖に陥れている。神奈川県警中原署は、軽犯罪法違反(危険物投注)で捜査しているが、ほとんどの事案が未解決のまま。「住みやすい街ランキング」で ...

押川の「人間臭い」生き様

No Image

来週は、また一つ難しい業務が待っている。

 

対象者は、過去にかなり凄惨な家庭内暴力を行っており、

自室に刃物や凶器も所持している。

しかし、何年も家の中に「たてこもり」状態のため、

事前に得られる情報に限界があり、

実際に踏み込むまで、分からないことが多すぎる。

 

もちろん、あらゆる危機管理をして望むが、

俺の場合は完全に丸腰、まさか防弾チョッキを着るわけにも ...

押川の「人間臭い」生き様

No Image

このたびの熊本・大分地方の地震で被災された方々に

謹んでお悔みとお見舞いを申し上げます。

 

——————————–

 

18歳で北九州から東京に出てきて、

何に驚いたかといえば、地震の多さにとても驚いた。

それくらい、九州(とくに北九州)は地震の少ない地域 ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

--------------------

(以下引用:朝日新聞デジタル 4月12日)

 

長女の首絞めて殺害した疑い 父「暴力ひどかった」

 

娘の首を絞めて殺害したとして、和歌山県警は12日、和歌山市太田4丁目、会社員向井英治容疑者(67)を殺人容疑で緊急逮捕し、発表した。向井容疑者は「日頃から娘の暴力がひどかった」などと話し、容疑を認めているという。

 

和歌山東署によると ...

押川の「人間臭い」生き様

No Image

「家族の問題」というと、単位的にはとても小さいのだが

それでも昨今は、家族が抱える問題も多様化しているのを感じる。

それはすなわち、介入の難しさにつながる。

 

もちろん昔にも、難問はあった。

「なんだコリャ!」と言いたくなるような、

めちゃくちゃな家族もいた。

 

だけど、ほんの10年くらいまでは、

家族や対象者、精神科医療を含め社会においても、

「 ...

押川の「人間臭い」生き様

 

今年も桜の季節がやってきた。

去年のブログでも書いたが、

春先は、俺が携わっている方々がフワフワとなる季節だ。

 

入院中のある男性は、最近、俺の携帯に20回も電話をかけてきた。

ちょうど大事な打ち合わせ中で電話をとれなかったのだが、留守電が残されていた。

 

「昨日、自分が透明人間になって、押川さんを殴っちゃったと思うんですけど、

押川さん、死んで ...

ニュースから斬る! メンタルヘルス

No Image

--------------------

(以下引用:日本テレビ系 3月30日)

 

入院させようと…男が父親ら3人切りつけ

 

東京・豊島区で30代の男が父親らを刃物で切りつけたとして逮捕された。

 

警視庁などによると、30日午前9時頃、豊島区高田のマンションで30代の男が68歳の父親らを刃物で切りつけた。父親が男を精神科の病院に入院させようと搬送業

押川の「人間臭い」生き様

No Image

こんばんは。

ショーン・マクドアーホ・押川です。

 

今年は年初から、不倫やら覚せい剤やら経歴詐称やらで

芸能界がにぎわっているな。

 

その良し悪しについて語る気はないが、皆がこれだけプンプン怒っているのは、

「騙された!」と、思うからだろうな。

 

「いいひとだと思っていたのに」「真面目なひとだと思っていたのに」

「スーパーヒーローだった ...

家族の問題

No Image

専門家など第三者に、家族の問題に介入してもらうことや

当事者が第三者とつながることの難しさは、語らずとも想像がつくだろう。

 

でも俺は、難しいからこそ、やりがいがあると思っている。

 

反対に、家族に頼る、依存するという行為は、とても簡単だ。

 

暴力をふるったり暴言を吐いたり、他人には容易にできないことなのに、

家族が相手となると、なんのハードルもなくやってのけ ...

家族の問題

No Image

この頃、介護や貧困に関する先の見えない話題を目にする機会が増えた。

どの分野も、経済的にも人材的にも数が足りないことは明白で、

国の政策はつまるところ、「家族のことは、家族で責任を負う」

という方向に進んでいる。

 

ならば我が国がこれまで、「家族」を大事にしてきたかというと、

むしろ「個」の尊重こそを、あおってきた。

 

その証拠に、我々は一人ひとりが、

親とし ...

家族の問題

No Image

高齢化した親が、障害者や精神疾患など病気をもつ子供を殺す。

そういった事件がたびたびある。

 

ニュースの際に、加害者の(そして被害者の)自宅が映ることがあるのだが、

立派な一軒家やマンションに住んでいることも少なくない。

そのような自宅の様子をみるたびに、両親はまじめにコツコツ働いてきて、

社会的地位もそれなりにあったんだろうなあ、と想像する。

 

でも、だからこそ、誰にも ...